BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS 有楽町 日比谷 :居酒屋 :ガード下 :登運とん(とんとん)

<<   作成日時 : 2009/08/05 10:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像今回は料理案内と言うより雰囲気案内のBB−BUBEブログです。
まったくもって新橋・ガード下等大好きな“おやじ色”の強い私です

ここは有楽町から新橋方面に向かったガード下の昭和28年創業の老舗「登運とん」
有名店なのとテレビでもお馴染みで、私は今回で3回目だったかな。今回もすっかり溶け込んでまいりました。


冷夏かも?と言われ、カーッっと暑くならないこの頃は"敢えて”暑さを求めて冷房のない場所でビールが呑みたくなる現象 笑えます。

さて、ちょっと嬉しかった事
先にビールだけを注文し、その間に料理を選んでいた私たち。
丁度料理も決まった頃におじちゃんがビールを運んで来てくれました。
そこで料理を頼もうとすると。。。『先に乾杯してからでいいよ』とのお言葉。。。 くぅっ ありがたいですねぇ この気遣い!! 遠慮せず、グビーッといってからオーダーさせていただきました。
モツ煮込み、冷奴、串もの(ここのレバーは豚レバですよ)、タコワサそして上記写真の自家製サーモン粕漬けetc定番ものを注文。

なんといっても面白いのは飲んでる人達を見ること。お酒がススミマス。

ビール・ホッピー・ハイボールと基本ものをのんだ次に選んだのは「トマトサワー」なるもの。
壁に真っ赤に目立つトマトを描いたポスターが所々にあり、面白そうなので注文。
出てきたのは。。。。。。どこがトマト?
画像
どうやらおじちゃん曰く、トマトエキスが入ってるんだとか 確かにトマトの香りがするんです。
でも飲んでると段々駄菓子っぽい味に感じてくるんですけどね

この辺りにはお店の外にビールケースやらで臨時設置されたテーブル席のある居酒屋が多いのですが、そこには観光客と思しき外国人がたくさん!!
ガイドブックか何かに紹介されているのでしょうね、「英語MENUあります」かなんかのコメント付きで。
でもここ「登運とん」はチャキチャキ日本語なので観光客外国人は見当たりませんでした。
だって「雷門サワー」=「ライムとレモンでライモンサワーだから」なんてダジャレ、よっぽどの方じゃないと分からないでしょうし

上に備え付けの扇風機に冷奴の鰹節が飛ばされながらも心地の良い「登運とん」さんなのでした
画像



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
運がよくなる風水
運がよくなる風水収納 ...続きを見る
出会い 結婚 静岡県 徹底比較
2009/08/23 12:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

有楽町 日比谷 :居酒屋 :ガード下 :登運とん(とんとん) BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる