BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS 丸の内 :フランス食堂 :RESONANCE レゾナンス

<<   作成日時 : 2009/12/08 09:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像タジン鍋』同様、ここ数年ですっかり身近で有名になった『ストウブ』。
調理器具として売られているのも普通になり、お店で使う所も多々見かける最近です。
最近ではUOKINで頂きました。

ここレゾナンスは、そんな『ストウブ』『タジン』を使った料理をたくさんメインに置いているお店
(HPのMENUにはあまり出てませんが色々あります)
寒くなってくるとこういう熱々ものは益々恋しくなりますよね。

まだ持っていない私。
購入前に「どうやって出してくるんだろう」という楽しみも兼ねて行ってみました


まずはアミューズ: チーズパイのようなもの。
画像

色々食べてみたかったのですが、ストウブもの1つがたくさんの量がある為、今回は「野菜を1つ&肉モノ1つ」に決定。

季節の温野菜 モロッコ風 これはタジン鍋での調理モノです。
野菜の水分だけで調理されているので野菜の味を濃ゆくいただけます。
画像


そしてお肉は『群馬産 和豚もちぶたロース肉のグリル』
家での蒸し器(ルクエクック膳)は大層重宝しておりますが、焼き目がつかないのが難点。
その点『ストウブ』は蒸した上で更に焼き目が付くので魅力的。
お肉の表面はカリッとしていてお肉はフンワリ、骨からお肉がホロホロと崩れます。
画像


MENUを選びながら食前酒としてシェリーを飲んだ後、グラスワインで色々試すも、この二つの料理にとっても合ったのがこのロゼ。結局ボトルで注文です。
ワインがここのお薦めか?MENUに赤字で書かれていたこのスペインの辛口ロゼです。
野菜と豚の甘味が辛口ながらもフルーティーさを残したテイストとぴったりでした。
画像


この二つだけの注文だと“コックさんが調理した”というより“調理器具が料理した”という感じはするので、他にフランス定番の家庭料理も色々あるで次回はそちらもを是非試してみたいと思います。

でもホント調理器具自体が器にもなりとっても豪華に感じるの『ストウブ』。
パーティーにも見栄えがしていいかも(益々欲しくなるぅ

シンプルながらもホッとするタジンとストウブ料理なのでした。

おまけ:
ここのお店の私の一番のポイントは私の愛する『新幹線』が見えることでした







Staub ミニココット ラウンド 10cm レッド 40500-103(1101003)
staub (ストウブ)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

丸の内 :フランス食堂 :RESONANCE レゾナンス BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる