BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS 簡単 美味しい ワインパティーレシピ :バジルとパプリカ風味の鶏ハム

<<   作成日時 : 2010/02/24 08:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像鶏胸肉で作るあっさりとした鶏ハムです。
胸肉でもラップに巻いて茹で上げるのでお肉はしっとりしていて厚カットしてもペロリと食べられてしまいます。
お好きなバーブを巻いて色々なバージョンで楽しんでみてはいかがですか?
今回は紅白ハムにしたくてパプリカを挟みましたが、味が殆んどしないので乾燥バジルもたっぷり挟んで味のアクセントにし、食べる際にはバジルの葉と一緒に香高くいただきました。

「カレー粉」 ・「五香粉」・「乾燥レモン皮」などなどなど、まだまだ作りたいバージョンがいっぱいある鶏ハムです。

食べたい日かから4〜5日位前から準備を始めるので、パーティー料理を事前に用意したい方にはお勧めですよ。

【材料】
* 鶏胸肉・・・2枚 観音開きをして均等に広げます
* 塩・・・お肉の重量の1%  面倒であればお肉一枚に対して大さじ1ぐらいを目安に。
* 砂糖・・・塩と同量
* パプリカパウダー・・・適宣
* バジルパウダー・・・適宣
* ブラックペッパー・・・適宣
* ラップ
* タコ糸 

【作り方】
@ 観音開きをした鶏肉の両面に塩と砂糖をすりこみます。
A @のうち、一枚の片面にパプリカパウダー・ブラックペッパー・バジルパウダーをタップリのせて、もう一枚の鶏肉を重ねる。
画像

B ラップを広げ、重ねた二枚の鶏肉をグルグルっと丸め、タコ糸で結んだらそのまま2〜3日間冷蔵庫で寝かせます。(はタコ糸で結ぶ間“巻き”が外れないよう一旦輪ゴムで留めてます。)
画像

C 数日たったらラップに巻いたまま20分ほど茹で上げ、ラップのまま冷ましておきます。
冷めたらラップを変えて冷蔵庫で一晩寝かせると味が落ち着くので翌日以降が食べごろになります。

冷ましているうちに↓↓↓。。。BUBE社長に先に味見されてしまったので。。。その部分カットしたところです。。。トホホ
画像


 さてさてお肉の塩の余談です。参考にどうぞ。
人間が美味しいと感じる塩分濃度は〔1%〕と言われています。それは人間の体液塩分が0.9%だからだそうで だから料理の基本の塩分は重量の1%が多いのです(覚えておくとお役立ちですよ
焼く前のテリーヌ、生肉等味見の出来ないものは重量の1%の塩分を目安にいつも味付けをしています。
ただ保存の為のハムにするなら3%等もっと塩分を付けて、食べる直前に塩抜き等をしてアレンジしてください。
もしくは塩分を少なくしてハーブやスパイスタップリにして塩分減らすとかね。

目分量に慣れるまでは、ちゃんと計りながら作るのも上達のコツかもしれませんね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
簡単 美味しい ワインパーティーレシピ :桜の葉 鶏ハム & カレー 鶏ハム
先日ご紹介のバジルとパプリカハムで色々な味を付けた簡単&美味ウマな鶏ハムに目覚め{%笑いwebry%}、新たに作ってみたのが「桜の葉の塩漬け」を巻き込んだハムと、「クミンやカルダモン、カレーパウダー」をたっぷり挟み込んだエスニック風味ハムを作ってみました。 ...続きを見る
BB−BUBE
2010/04/05 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

簡単 美味しい ワインパティーレシピ :バジルとパプリカ風味の鶏ハム BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる