BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS 元赤坂 :レストラン カナユニ

<<   作成日時 : 2010/03/24 08:49   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像1966年OPENの老舗のシニセ、『カナユニ』。

こちらの今のレストランに関わる影響を与えた歴史は凄いですね。

2010年にしてやっと訪問する機会に恵まれました
高級レストランとは違う、正直常連さんばかりな印象があって、ちょっと敷居が高い感じがしていたのです。
でも店内は歴史を感じる味わい深い内装、サービスは一流で徹底しているのに不思議にゆったりとした空間
実際レストランのその名の通り『かなりユニーク』!いや、『そうとうユニーク』な楽しいお店でありました。

まず食べたいもの一通り注文する事を前提に、リモンチェッロ好きの私に勧めてくれたのが、この(MENUに記載はありません)ムール貝のリモンチェッロフランベです。

この静岡(って言ってた気が。。。)の大レモン(直径10cmくらいあります)を使った凍った氷ボトルのリモンチェッロは私がどこで飲んできたものよりも酸味甘味のバランスが良く今までで一番美味しく感じたものです。
画像


MENUには
『アリカント風のムール貝 Sauted mussels Alicante Style … スペインの漁港アリカント、オリーブ油とサフランでジャーッと焼き上げました
※この店のムール貝はエーゲ海ではなく、ホントは鳥羽で養殖されたものを使っています……! 』

とあるこの料理。当然ながらこのままでも充分プックリ美味しい完成された料理なのですが、今回はこのムール貝にジュワっとアルコールを飛ばしたリモンチェッロをかけて頂くというスペシャルバージョン!!
(これはお客様のリクエストで生まれた料理なんですって)
画像


ムール貝の濃ゆさには何も影響せず、食した後に爽やかさだけが残るので食べても食べても口がリセットされるから飽きずに。。。いや食べ始めると止まらなくなってしまう。。。もちろんリモンチェッロまでもが止まらなくなる目からウロコなキケンな“激合いマリアージュ”です  参りました
画像


まさかこんなムール貝が食べられるとは思わず、ここのお店で一番楽しみにしていたのがこれ!
三島由紀夫に言わしめた『オニオングラタンスープ』!

繊細な味というより懐の深いスープ、そんな印象。
実際じっくりじっくり炒められた玉葱の奥深い出汁が豊に香り、なんだかホッとするので豪快に食べたくなるのです。
でも熱いから物理的にも無理なんですが。。。
画像


3月オススメ料理の
* ホワイトアスパラガス アンチョビクリームソース
画像


こちらも3月オススメ料理
*筍のプロシュート包みとセルバチコのサラダ
画像


*カナユニのタルタルステーキ Tartar steak Kana-Uni … 特許出願の表示:1980/7/1提出の特許出願(2)
  発 明 の 名 称:牛生肉の調理方法
なんと特許出願されているのですね
当然ながら生肉臭さは全くなくマヨネーズの風味も感じるような懐かしみのあるタルタルです。
画像

上記3品は最初に「洋食屋だから」と聞いていた通り、そして飯倉のキャンティで感じたのと同様、私の中では現代のイタリアンでもフレンチ、そして今の洋食とも違う、でも昔から続く特別な洋食という“特別枠”があてはまる印象の味です

そしてその特別洋食の際骨頂!ムール貝の上をいくインパクトか?と思われたのがこの。。。
単なる。。。ただの『ほうれん草のソテー』
思わず。。。無言
なんなのこのほうれん草ソテー
“ちぢれほうれん草”ではないのですが、独特の食感で、緑の濃さがギュギュっと詰っていて、しっかり歯ごたえがあって。。。説明したくてもやはり単なる「ほうれん草ソテー」でしかなくて、なのになのにとにかく激美味
タルタルとの相性も抜群。
驚きました。。。はい。。。思い出すだけでまた今食べたい
画像


お客様事態の年齢層は高いのですが、MENUには昔からついているという虫眼鏡がまた面白く、長年通い続けても平気なんだという安心感がうまれちゃいますよね。
画像

ワインのデキャンタはぐい飲みだし
画像


そしてここはカウンターBARが併設されているのでツマミ少しで呑みがメインでも良く、相当種のお酒は揃っているので料理にワインである必要もなく、そして当然ながらBARテンダーは超一流

見てない、気づいてないようなのに完全にお客様を把握しているサービスはホントに心地よく、
でもお店を出ての印象。。。『ホントにユニークだったぁ』なんです。
だってそんな世の中に色々な料理を紹介してきたお店なのに店名を「かなりユニーク」とか付けちゃう所が凄いし

今宵の席のテーマを『ムール貝とリモンチェッロのマリアージュ』にかけてくれた粋の良さ。
とにかく楽しい席をありがとうございました
ごちそうさま
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あはは……「ほうれん草ソテー」の話は大笑いだねそんなに印象に残ったんだぁ〜

写真は、どう見ても美味しそうには見えないけどな〜不思議だね。
tanooki
2010/03/24 23:15
Tanookiさん
そうなんです。
ホントにフツーのほうれん草ソテー(確かに写真が。。。でも上手く撮れても。。。やっぱり単なるほうれん草に見えるんだろうな)野菜自体の濃さ、茹で具合、塩加減、バターの感じ。。。記憶に残る美味しさでした。
トーストに挟んでかぶりつきながらワイングビグビしたい!!
BB
2010/03/25 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

元赤坂 :レストラン カナユニ BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる