BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS グルメ : グルメモニター :OISIX(オイシックス) バイヤー激選トマト食べ比べセット

<<   作成日時 : 2010/04/30 08:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像フードアナリストグルメモニターとして今回食材宅配のオイシックスさんより『美味しいトマトセット』をいただきました。

トマト 大好きっ
とても嬉しい企画です。

送られてきたのは3種
「塩トマト」「みつトマト」「ミニトマト」。

サラダドレッシング等で味が変わるのもいやなので、シンプルにカットしただけで食べ比べです。
もちろん塩も付けずにね。

まず最初に口にしたのが「塩トマト
画像

塩トマトって塩分があるわけではなく、土壌状態に由来した名前なのですね。
↓(HP抜)
【塩トマトがおいしくなる理由は、土壌の塩分濃度が高いために、作物が水を吸収しにくいという環境にあります。
トマトには、水を控えることで、甘さがグッと増すという特性があるんです】
いやいや驚き。
とても甘いのに甘いだけじゃなく酸味もしっかりあるから単なるフルーツトマトではなく野菜としての“トマトらしさ”主張もいっぱい。
めちゃくちゃ美味しいです。 
画像


お次は「みつトマト」
塩トマトとミニトマトの中間のサイズ。
画像

「塩トマト」の濃厚さに比べるとサラッとした上品な甘さ。
このままでも充分に美味しいのですが、このタイプはソテーのように少し火を通すと甘さが一番引き立つタイプな気がします。
サンマルツァーノ(イタリアの細長いトマト)だと火を通すと美味しいのに生だとイマイチなのに、こちらは生でも火を通しても美味しい優等生ですね。
皮が固くないのが特徴のようですが、でも日持ちするというのがスゴイ。
贅沢にも「みつトマト」たっぷり使ってトマトソース作りたいなぁ
画像


最後は「プチトマト」
プチトマトって下手なトマト食べるよりずっと味があって好きなのですが、たまにダラっとしてて変に甘いだけだったり、もしくは皮が固くて(小さい分)トマトの醍醐味を味わえないうちに胃袋に入ってしまう事が多々あるので意外と美味しいプチトマトに出会うの難しいんです。
画像

でもこちら。
皮は薄すぎず厚すぎず、プチトマト独特の甘さと風味が強い中に酸味もあるバランスの良いトマト。
一粒でも「トマト食べてる」とキチンと脳が反応してくれます
これ、ベーコン巻きにしたらジュワっと甘さと酸味がスパークして極上ベーコン巻きになりそう。
残っているプチトマトでやってみようっと
画像


それぞれが個性はっきりしているのでとっても楽しい食べ比べでした。
* シンプルにそのまま冷やしトマトで食べるなら「塩トマト」
* イタリアンとして使いたい「みつトマト」
* パクパク、でも一粒づつ満足にツマミたい時は「プチトマト」、そして火を通すならベーコン巻きで♪
こんな使い分けのイメージです。

今食材宅配「大地」さんを使ってるBBですが、ちょっとオイシックスさんもいいかもと思いました

まぁどの業者を使うかではなく、やはりこだわってしっかり作られている生産者の食材をいかにキチンと消費者が理解して感謝しながら消費してあげるかが一番大事なのですよね。

あえて生産者を意識しながら食べる機会が出来た事もとても貴重な今回なのでした


BUBE社長の頭もまん丸でトマトに見えてきた。。。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

グルメ : グルメモニター :OISIX(オイシックス) バイヤー激選トマト食べ比べセット BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる