BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS スイス旅行 Vol.4 ユングフラウヨッホからインターラーケンへ

<<   作成日時 : 2010/09/07 08:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像腹ごしらえ、呑みごしらえも終わり外(プラトーテラス)へ出てみます。

オットさんと頂上の旗



この駅は小さいながら色々見所があって意外と楽しめます。
食事入れて2時間は居たでしょうか。

こちらがスフィンクス展望台。
駅からエレベーターに乗って更に高い3,573m!!
画像

雲がずっと下に見えます。
画像

こちらはプラトーテラス
実際雪の上を歩けます。
写真暗いのですが、実は雲の上なのでメチャクチャ天気が良く、サングラスがないと目が開けられないほど眩しい!
画像

この場所は氷ではなく意外と普通の雪
雪合戦が出来ちゃいます
画像


駅内に氷の宮殿というのがあるのですが、中にあらゆる氷の彫刻や展示ものがあり、壁も床も全て氷で出来てるのです。
とっても神秘的な世界
画像


そして日本のポストが
このタイプもう日本ではめったに見かけなくなりましたが、ちゃんと機能してくれてます。
こちらで投函したポストカード、スイスから帰宅した時点で既に到着していました
画像


充分堪能したので山を降りることに。
画像


帰りはグリンデンワルドを通る東回りルート。
こちらの方が穏やかな、“これぞハイジの世界”の風景を通ります。
西回りは氷河の山々の凄さが望めます。
全然違う景色なのでこちらに来る機会があれば是非両ルートを通ってみてくださいね。
画像


あっという間に雲の下。
画像


下山途中のとても小さな小さな小さな湖?
結局何だか分からなかったのですが、とにかく綺麗であるのは間違いないんです。
ガイドブックにも載ってないし
こうなると観るもの全てが素敵に見えてしまうのです
画像


感動しまくりのユングフラウヨッホを存分に楽しんだのでインターラーケンに戻ってきました。

実はインターラーケンと日本の大津市は姉妹都市
日本庭園っぽく造られ、鯉も優雅に泳いでいました
画像


載せたい写真の半分も載せられていないブログですが、ユングフラウヨッホの魅力を少しでも伝わっていただけると嬉しいです。

何度でも行きたくなるBBの超お勧めの場所なのでした

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

スイス旅行 Vol.4 ユングフラウヨッホからインターラーケンへ BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる