BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS グルメ :大森 :ケララ州 南インド料理 :ケララの風

<<   作成日時 : 2010/11/02 08:55   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

画像いつも愛読している方のブログに良く出てきていたここ「ケララの風」。
東京で一番行ってみたかったインド料理屋さんだったので今回は本当に楽しみにしていたんです。

なぜか昔からインド人に好かれる私
大使館の方やインド料理オーナーの方などお友達がいろいろいた為、昔から日本にいながら家庭料理も含め色々インド料理を食べる機会にめぐまれていました。
南インドも北インドもどちらも大好き。

南インドは特にダバインディアシリバラジ
(ダバよりシリの方が南の特徴が強いです)が好きですが、ここ「ケララの風」は飛びぬけて美味しいというではございませんか

しかもお野菜やハーブも出来るかぎり南インドから輸入しているとのこと。

この玉葱もそう。日本にはない種類。
一見皮を見ると普通の玉葱に思えるのですが、中は赤玉葱。
日本の玉葱よりジューシーなんだそう。 少し生で食べさせて頂きましたがとても甘味がありました。
日本のものを使うと後でご紹介する「ケララポルタ」等の味もやはり変わってきてしまうんですって。
すごいこだわりです
画像


しかも今回は貸切お任せなのであらゆるカレーを頂く事が出来たのです

南インドはハーブのフレッシュなイメージが強いのですが、こちらは生のカレーリーフをたっぷり使っているので独特の深みがでます。
画像

私も乾燥ではなく生の「カレーリーフ」をそのまま味見したのは初めて。
カレーという名がしても全くカレーの風味も味もしないのですが、生はゴマのようなコクがあるんです。
こちらの料理はこのカレーリーフがしかりと使われていました。


ではではそのカレーだけどカレーではない!
「カレーという概念を忘れてください」と仰る店主さんの意味が良く分かる驚くべき南インド料理をご紹介です。

頑張ってインドの正式な食べ方、カトラリーを使うよりエレガントな食べ方という右手(素手)のみ色々食べてみました

・きゅうりとさんまのマサラ
〆てある秋刀魚。 スパイスが生臭みを取るのではなく旨味を引き立てていて口を一気にスパイスの世界に引きつけてくれる理想的なスターター。
画像

・ワダ(甘くないドーナッツのよう)、ココナッツチャトニ(ココナッツがスパイスに負けず濃くて旨)、サンバール(スープ)ワダに浸しながら一緒にいただきます。
画像

・やりいかのオラットゥ 一口目は辛いと思うのですがイカの甘味とウタパム(米粉、豆の粉、クミン、玉葱で作られたパンのようなもの) と一緒に食べる事によって止まらなくなります。
画像

・京芋とトカドヘチマのメルクペルティ
これは非常に美味しかった。 カドヘチマという十個角があるヘチマと京芋のホクホク感に浸るスパイス。
たまりません。 
画像

・チキンチリフライ 
名前だけだとフライドチキンみないなんですが実はとってもしっとりしたチキン。
チリと名がついてもそんなには辛くないんです。 だからチキンの旨味がしっかり味わえるのです。
画像


ここまでくると全身ポカポカ
でも口の中は驚くほどサッパリなんですよ。

・メバルのマッパス
メバル丸ごと一匹。  これは↓の「カルアッパム」にこの出汁をたっぷりたっぷり浸して、骨までしゃぶりつくして堪能です。 魚の出汁とスパイスがこんなに合う物なのか?と思うほど目からウロコの旨さ凝縮プレートです。
画像


・カルアッパム(米粉とココナッツジュースで作られたパンのようなもの)
画像


・ポークピングル
印象としては豚の八角煮です。 スパイスの印象がなんとなく中華っぽく感じられるのですが、後味はやはりインドスパイス。
こちらは↓の玉葱たっぷりのケララポルタを浸していただきます。
このポルタの甘味がスープのコクを一段とアップさせてくれるんです。 面白い
画像

・ケララポルタ
画像


・デザート
ねっとりとしたバスマティライスのような香りのデザート。
画像


お店の料理にあうインドワインも数種いただきました。
画像


ここまでみると結構な種類をいただいたのですが、スパイスのお陰で胃が活性化されまだまだ食べられるのでは?という気分です。
スパイスは薬膳と一緒なので胃もたれなんて全くしてません。
そしてこれだけスパイスものをいただいたのに口中はインド料理を食べたとは思えないスッキリ感。
これは以前「すし処佐藤」でもお伝えしたとおり、いいインド料理のお店も同じことが言えるのです。

それにしても「南インド料理」を多少分かっていたつもりでも、ここまでインパクトが強く特徴をしっかり感じられるとは思っていませんでした。

しかもとんでもなく美味しい。

こちらのシェフは実は日本人。
でも南インドでちゃんと認められたすごいシェフなんだそう(ちゃんとスバラシイシェフ認可証が飾られていました)
画像

そして店主さん
画像

お土産にカレーリーフ苗をいただきました。。。ちゃんと育ってくれるかな がんばります。
画像


ほんとにほんとに行って見たかったお店の期待を遥かに超える美味しさで大満足のBB。
ランチミールスなんて1,000円お代わり自由だし。。。あぁ家の近くに欲しい
今回大ファンになってきたケララの風なのでした。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
きゅうりとさんまのマサラ
美味しそう
素敵なインド料理 素晴らしいお見せですね
ryuji_s1
2010/11/03 10:28
ハァ…もぉ〜止めてください、こんなお腹が空くレポート書くの…♪♪♪
すし佐藤しかり、BBさんが本腰入れて書かれる文章を読むと、身体がダメになるんです…♪我慢できないわ〜〜♪♪
sawa
2010/11/03 10:47
ryuji_s1さん
素材とスパイスが完全に調和しているお料理の数々なんです
(複雑すぎてマネは出来そうもありません
ほんとスバラシイお店でしたよ。
BB
2010/11/05 08:54
sawaさん
こういうお料理食べるとテキトーに流して書いてはいけない気がするんですよね。
気合の入ったお料理にはこちらも本腰をみたいなかんじですかね。
でも。。。
我慢できずすぐお店いっちゃったところが笑えます。
美味しいものの吸引力はとまりません
BB
2010/11/05 08:59
私もカレースイッチ
いやいや、
ケララスイッチ入っちゃいまして、
会社から直行です

『インド料理を食べたとは思えないスッキリ感。』

これ。本当に実感!
とてもやさしいお味でした。
yuricom
2010/11/09 13:27
また行きましょうね〜♪
イスタヌーカ
2010/11/09 22:10
yuricomさん
もうsawaさんといい、yuricomさんといい、なんてフットワーク軽いのぉ
メイン食べられなかったなんてイケマセン
次はケララで集合ですな
BB
2010/11/10 08:54
イスタヌーカさん
ステキな企画呼んでいただき感動です。
ぜひぜひまた行きましょう
BB
2010/11/10 08:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

グルメ :大森 :ケララ州 南インド料理 :ケララの風 BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる