BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS 九段下 :寿司政 江戸前ばらちらし

<<   作成日時 : 2011/05/27 08:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像私の好きなお寿司屋さん 九段下の老舗『寿司政』

先日ご紹介した“匠の味展”に出店されていて“ばらちらし”を売っていたので迷わず購入です。
購入したのは「江戸前バラちらし 1,890円」
実演販売がされていて催事場で実際詰め込むところが見えました。

こちらのお店はなんと文久元年!1861年創業の老舗です。
江戸前の中でも“これぞ江戸前”的なほどキッチリ仕事とキッチリ味ものが多い寿司政。
回転寿司系の「酢飯に魚のせてます」的な生ぬるい(温度ではなくて仕事的に)お寿司が寿司と思っている方にはその差の大きさがはっきり分かるのでは?と思うお店です。

そしてこちらの“ばらちらし” とても有名なのですが、夜にお店に行っても食べる事は当然ながらなかったので嬉しいかぎり。
オフィスランチが贅沢になりました。

箱は使い捨てものながら、硬さと厚みもあってとっても高級感があります。
画像


“ばらちらしは寿司政の仕事の集大成 十八種類からなる食材は全て熟練した職人たちによって昔から変わらず手作りで作られています”byチラシ
画像


どうでもいい鮨屋の“ちらしずし”は余り好まない私なのですが、一流店の特に江戸前の“ばらちらし”は大好き。
全てに仕事がしてあるので、醤油は味付けの為ではなく、ほんの風味程度でいい。
仕事ぶりが一度に味わえるので贅沢なんです。

で、わざわざブログネタにしたわけは。。。

私のいつものチェックポイント。
お店では当然のトーゼンながら本ワサビを使われてます。

でも折り詰めに本ワサビを入れたら香りと辛味が飛ぶであろうからも本ワサに少し混ぜ物しててもしょうがないなぁ。。。と不覚にも思ってしまったわけですが
画像


お見事!!
本ワサビ。 テンコモリ!! (味見した後なので少なくなってます)
しかもちゃんと辛味が残っている 

うーんスバラシイ。

まぁ普段使っていないお店が出店の為にワザワザ仕入れるとは考え難いですが、これだけ一気に売れる分のワサビをを卸すのってすごい大変だろうなぁ
本店ではランチもやっているわけだし。。。
とどうでもいいところに感心する私 
寿司政一番の看板ネタ 小肌!
やっぱり定番の強めの〆方。
画像


あーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ
お茶じゃなくて冷酒が欲しい!! れーしゅが!! 

冷蔵庫のなかった時代に海鮮類をいかに美味しく安全に保存するかという知識が存分に反映され、今だしっかりその味を感じられる寿司政。

赤酢のご飯、〆の強さ、しっかりとした甘味等の意味も知らず、化学調味料でぬるさに慣れた舌にはこの先キッチリ仕事のこういった寿司離れが進みそうな将来

昔ながらの完全なる職人ワザを舌で感じられる貴重なお店

ずーっと受け継いでいって欲しいお店です
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

九段下 :寿司政 江戸前ばらちらし BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる