BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス旅行記 :Vol.5 ヴォージュ山脈 後編  ワイン街道(ワインロード) その@

<<   作成日時 : 2011/11/01 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

画像載せたい写真がいっぱいでワインロードも2回に渡ってお送りします。

ワインロードというのはたくさんのワイナリー、ヴィンヤード(葡萄畑)が両サイドにお目見えするなんともワイン好きにはテンションの上がる道。
全部周るのは到底無理なので、友人L氏オススメポイントに4箇所に連れて行ってもらいました。

まずは最初の二箇所。

秋だからか至る所で見かけたススキ。
育てますねぇ 日本のものよりとてもしっかりしています
画像


9時半頃にはミュルーズを出発したのにレボージュの山脈をドライブし終わる頃にはもうお昼。
見所いっぱいで、景色も素晴しくてあっという間の時間にびっくりです。
楽しい時間ってどうして直ぐ過ぎちゃうのでしょう(仕事時間も同じに感じたらいいのに

ランチを頂くのはワインロードのうちのカイゼルベルグ
画像


いっぱいお店もありますし、小さいながらもとても凝縮感のある歴史を感じる街。

前日のお肉食べすぎた私はベジタブル・タルトフランベ
画像


アルザス風ブルーベリータルトとして日本でも良く売られているケーキ。
画像

本場のブルーベリータルトです。
ボージュ山脈はブルーベリーの産地
でもあるのです。
酸味が利いてフレッシュでとても美味しかった
(でもやっぱり私は一口分けてもらっただけで充分
画像

画像


街にはワインカーヴもしっかり。
画像

ここの側を通るだけでもとっても良いワインの香がすることにびっくり。
葡萄の葉も香るの?
画像

とにかく良い香りが漂ってました。


この街からiphoneでクイズ写真だしました。。。でもごめんなさい これがホントの姿。
前のは逆さまに投稿されちゃってたんですよね
画像

でも答えは劇的写真の撮れた次回明らかに!!しばしお待ちください。
(っていったいどんだけ引っ張るんだ


ここにもコルマール同様シンボルの鳥のお土産がいっぱいですね。
画像


それにしてもお店や街並みがみんな可愛すぎる!
画像
画像



こんな標識までもが可愛く見えてしまうとは!!
画像


更にはピジョン( これは↓食用ではなく単なるI土鳩だけど) も美味しそうに感じちゃうとは!!!
画像


ニャンコも絵になるなぁ
画像


やっぱりクッキリ飛行機雲! 
画像


そして嬉しい事にアルザスではワインを買うとこんな可愛い箱にいれてくれるんですよ。
画像


なんだかお伽話というだけでなく時代もスリップしてしまった気分になりますね、アルザスって。

歩いているだけでも楽しいカイゼルベルグも一通り周ったので次に移動です。


お次訪れたのはリクヴィル
美味しいワインを作り出してくれる大地に感謝
画像


さて、このワインロードにワイナリーは驚くほどたくさんあり、今回どういう感じで周りたいかと最初に友人に周遊希望を聞かれていた私達。
というのも有名なワイナリーは予約が必要だったりと事前準備が必要な事もあるのです。

とりあえずの目的は色々試飲したぁい ←というより結局現地で呑めればいい というのと、たくさんあるのでオススメスポットを幾つか見てみたいという事。

実際周れるのは日数的に一日のみ。
なので選んでくれたのはここ。
「試飲を色々するのにはリクヴィルがいい」とうL氏オススメの街 リクヴィルです。

こちらは観光客もたくさんいました。

メインの道を歩きながらちょっと横道を覗くと、遠くにヴィンヤードがそびえ立っているが見え何とも言えない景色にテンションあがります。
画像



こんな感じのカーブも。
もちろん中で呑めます
画像


中に入らせていただきました。
画像

この樽超オッサレ
女体ですよニョ・タ・イ 
画像



あらっ やっぱりここにもシンボル鳥が!ほんと愛されているんですねぇ
画像



この通りには目につく可愛いものがいっぱい。
画像



あの有名画HANSIもあり、
画像



レストランの案内なんて、たぶんこれトリュフを探す豚をモチーフにしてますね。
画像
ここのMENUをみると超食べてみたいと思うお店でしたよ。


こちらのカーブで試飲
画像

画像

一杯の量が多いんです。
画像



そして4種類なみなみ注いでもらって全部でまさかの5ユーロ 安すぎる

クレマン ダルザス
画像

ピノグリ
リースリング
ゲヴェルツトラミネール
むふふ
画像


ここでワインを買っていこうとなると超真剣に試飲とかしますが、とくにそういう訳でもなく。
日々に呑めるワインが美味しすぎて意外と試飲の重要性がなくなっちゃってる私。

ほんとに驚くほど実際のワインの値段は安いですが、日本に送るとなると相当な量を購入しないと結局送料入れた金額考えると一緒になってしまいますからね。

美味しい思いは現地で胃袋で堪能してくる事に徹したBBです
画像

つくづくワインって味はもちろん大事ですが、それに勝る雰囲気、気分、一緒に呑む人の重要性を実感しました。
画像


美味しいと思える環境がある事に感謝です。

ありがとう

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>でも答えは劇的写真の撮れた次回明らかに!!
>しばしお待ちください。
>(っていったいどんだけ引っ張るんだ)

「劇的写真」は 確・か・に・引っ張られているんだけど・・・(笑)
熊猫
2011/11/02 15:02
熊猫さん

あはっ
ほんとですよね。
お待たせしました。
私なりの(だって一生のうちでホンモノが拝見出来るとは思ってなかったですから)「劇的写真」公開です

BB
2011/11/06 10:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

フランス旅行記 :Vol.5 ヴォージュ山脈 後編  ワイン街道(ワインロード) その@ BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる