BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS フランス旅行記 Vol.8 パリ1日目

<<   作成日時 : 2011/11/14 07:23   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

画像何年たっても全然かわらない景色。

ある意味すごいですよね。
うんうん、ここ、ここ、これこれ!という思い出すものがたくさんあるパリです。

アルザスからパリに到着したのはお昼頃。
ホテルに荷物を置いてさっそく観光へくり出しました。

シャンゼリゼ通りをずっと歩いて凱旋門、エッフェル塔へと向かいます。
画像


この道はほんと人がたくさん。
意外と日本人は少なく特に多い!と思ったのが中国人。

ヴィトンに並んでいるのは中国人だらけ。。。一昔前はこれが“日本人”だったんだろうなぁ。
画像


この日のランチは凱旋門のそばにある『LADUREE(ラデュレ)』でと決めていた私達。
画像

 日本橋三越にも同じサンドウィッチが食べられるラデュレサロンが入ってるんですよ
画像

で・も・・・・・ひゃースゴイ人 
中も外も待ってる人もたくさん。
予約もしていない私達は当然ながら入れるわけでもなく断念
まさかこんなに状態だとは。

同じ時期同じくパリに居た友人は午前中早い時間に行ったら入れたとのこと。
なるほど d(-_☆)
ラデュレは泣く泣く断念です。

それにしても この通りにあるカフェどこも人だかり。
画像

日本と違ってどこでもトイレに入れる環境ではないのでトイレに入るのもとりあえずカフェを探さなければなりません。
うーん、これはランチ難民、トイレ難民になるねとY嬢と私。

しかもずっと歩いていているのでちょっと休みたい 。。。とりあえず入れそうな無難なところにサクっと入っちゃおうと話していた私達の目に入ったのは『マックのM』の文字。

入りましたマック。

だけどマックでさえ凄い事に。。。30分程並んで注文してから食べ終わってトイレ入るまで(きったないトイレも長蛇の列)結局1時間以上

カウンターにMENUがないので電光パネルの番号言って出てきたのがこれ。
画像

日本でマックに入る事がめったにないのでこいうMENUがあるか不確かですが多分ない気がします。
写真と全然違った。。。
しかも850円くらいもしちゃいます。

20年以上前、初めてフランス行く私に友人が「フランスのマックは日本と違って美味しいよ」と言われ当時も食べたのですが全く違いが分からず、今回はどうかとも思ったのですが結果は見た目のまま。
バンズはぺたっとしていて、ポテトシナシナの全然美味しくない。
友人のポテトには違う種類のものまで混ざってました
このユルさがフランスな感じですよね

うーん それにしてもあの「フランスマックは美味しい説」は本当だったのか???今回も疑問マークが残りました 

まぁトイレ借り代ってことで仕方なし。
休んだ事だし観光再開。

目指すは凱旋門の上。
画像


人が乗ってるの見えるでしょ。ここまで登ります。
画像


間近でみるとかなり大きい凱旋門。
よく見ると彫刻の装飾がかなりされています。
画像


凱旋門の上まで行くには階段のみ
おばちゃんにはキツイですが頑張って登りました

とちゅうにはショップもあったり、こんな彫刻もあったりして門内は意外と大きい。
トイレが中にちゃんとありましたよ。
なんだぁマックで待たなくても良かった (;・∀・)
画像

階段は螺旋状。 
降りる際に覗くと怖いです。
画像


全ての道は凱旋門からって言ってしまいそうなほど見事な放射線状態の道。
パリの町並みが見事に見渡せます。
画像

ここで数名の方々が一緒に居る方に指差しながら「あれとあれがフリーメイソン」と言う話をしていていました。
興味深かった私は側で聞こうとしたのですが、後半部分しか聞けず気になっていたのです。

帰ってきて調べると。。。

凱旋門→シャンゼリゼ通り→コンコルド広場→チュイルリー公園→ルーブル美術館のこの通り。

凱旋門からルーブル美術館までの直線が“パリの歴史軸”と呼ばれているそうで、エジプトのルクソール神殿からカルナック神殿を直線で結ぶとパリの歴史軸とピッタリ一致。
数度のズレまでもが正確に再現されているのだとか。
すごいなぁ パリのエジプト計画オソロシヤ。 
でも面白いですね

凱旋門に昇ったのは初めてだったので階段昇降は辛いなりにもかなり楽しめました。
画像


お次はエッフェル塔。

多きすぎて近くだと全体が撮れないんです。

エッフェル塔はこれまた超蛇の列。
過去2回昇ったことありますが、いづれも夜中(夜中24時前後まで昇れるんです)に昇ったのでこんなに並んだ事はなかったのですが、そう言えば数年前も昼間は凄かったです。
あまりにも並んでいたのでこちらは断念。

何度見てもお見事なタワーです。
色もシックでいいんですよね。
画像

画像


ここでも飛行機雲が出来まくりです
画像

画像


この後もずーっと歩いて、ダイアナ妃が事故に遭われたアルマ橋も通り(メモリアル塔が立ってました)夕食です。

まずこの時期だから食べたかった。。。と言うよりパリだから“あえて”パリっぽく食べたかった生牡蠣!
入口にエカイエ(牡蠣剥き職人)はいなかったけれど牡蠣の種類が多いいというこのレストラン。
堪能です
画像

牡蠣には酸味のあるパンとレッドオニオンのソースが添えられていました
画像


それにムール貝
画像

サラダ
画像


画像


フレッシュな海鮮ものって久しぶり

生牡蠣が食べられて、おパリ気分に益々ひたり満足状態の千鳥足でホテルへと戻る二人なのでした

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本橋三越 :ラデュレ日本橋サロン・ド・テの乙女なランチ
{%星C(キラキラ)hdeco%}ラデュレ{%星C(キラキラ)hdeco%} (こちらフランス語のHPは音が出ますのでご注意下さい{%ウィンクdocomo%}) ...続きを見る
BB−BUBE
2012/12/07 19:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

BB-BUBEサイト内検索

フランス旅行記 Vol.8 パリ1日目 BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる