BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS BBオ君の成長記録 : 1歳4ヶ月期

<<   作成日時 : 2014/07/11 11:38   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像あめあめジトジトお外に出る事が少なく体力を持て余してそうなBBオ君ですがそれもあともう少しですね。

蛙さんも絶好調?
画像



そんな中ですが色々お出掛けも色々しました。

先日ブログにもアップした初のディズニーランド
画像


毛蟹の会に参加したり
画像


いつもの可愛い半年下のSNちゃんに会いに遊びに行ったり
画像


こちらでとっても気に入った“滑り台付きジム”
もう一つあるからとK様から譲ってもらいました。
ありがとー
雨でも家で遊べてお役立ちです

NHKのスタジオパークに遊びに行ったり

これは大河ドラマ軍師官兵衛のセット。
ガラガラだったのでスタッフの方が写真撮ってくださったのですが見てないのでイマイチテンション上がらずだった私とオットさん
画像



実家に行った際は相模川ふれあい科学館アクアリウムに連れて行ってもらったり
画像


いつもの様にチチハハの呑みに一緒に色々参加してくれたり

そして寝る時は何故か必ずと言っていいほど私の手を取り自分の心臓の上に置かせるようになりました。
こちらの体制が辛くてちょっと移動させるとすぐ位置を直されます


 1歳4ヶ月期のBBオ君はびっくりするような知力の発達を感じられたひと月でした。

 色々な場面での“おかたづけ”がとても良く出来る様になりました。
“おかたづけ=元に合った場所に置く”という事が出来ているので初めて触るものでも使った後に「おかたづけして」というと元に箱にしまったり、あった場所に置きに行ったり。
そしてその後は褒めてもらえるのが分かっているのでこちらが言う前に自分で頭をなでなでしてます。

 ストーリー性のある本の内容を覚えてると3ヶ月期に書きましたが、更にパワーアップしてハハがめくる前に次のページの内容を先に伝えてきます。
ご飯を食べるシーンがあると「マンマ」とか雨降りのシーンは「ぁめぁめ」とか。
たまにハハの方が間違えて「それは違う本だよ〜」と言ってしまい実際めくるとBBオ君の方が合っていたり(;・∀・)

 色々な道具、ドライバーとかも一度見るだけでもほぼ正確に真似して使える様になってます

 トーマスのキャラクターの名前をいくつ分もすぐに覚えてしまいます。
ハハの方がみんな同じに見えて中々覚えられないのに

 ○△□の区別は以前からついていますがモノだけでなく影やシャボン玉の様なものも見ると“まる”と言って喜んでます。
正確には“まむ”としか発音出来てませんけどね

 行きたい方向には指さしだけでなく“あっち”といって伝えてくれます

画像


 「ちょっと“それ”とって〜」  と言うだけでも何か分かって取ってくれたりします

  “嫌”な時は泣いたりとかではなくちゃんと“いやっ”と言う様になりました。
まだイヤイヤ期ではないけどこれだけ“いや”を使いこなしていると。。。心配だわ
画像


 ご飯をほぼ一人でスプーンですくって一皿食べられるようになりました。
1/4はこぼしますけど。。。“やりたい”気力満々

 出来る様になった事の他に一番今期気付かされた事があります
それは『“きちんと説明してあげる事”が今まで以上にBBオ君にとって大事』になってるということ。

 事例その1
実家にてBB父と一緒に椅子を踏み台にしてテーブルにのって楽しんでいた模様のBBオ君
私が戻って来た時に私に“テーブル乗れるんだよ!”とやって見せてくれたのですが、テーブルに乗るのは普段ダメと言っている私なので“頑張ってテーブルに乗れた能力”はしっかり褒めてあげたうえで“テーブルに乗るのはなぜダメなのか”をしっかり説明し教えてあげると最初は半べそだったのがその後は納得してくれたようで踏み台にしていた椅子をしまい、それから一切乗ろうとしなくなったBBオ君。
説明するとちゃんと分かってくれました。
画像


 事例その2
実家に行った際いつも通り両親と遊んでる隙を狙って気付かれないように一人脱出して数時間お出掛けした私。
今までなら帰って来ても特に変わりはなかったのですが、今回はやたら不機嫌にグズって泣きながら私を玄関に連れて行き玄関を指をさすBBオ君。
私が不在の間もやたら母を玄関に連れて行ったらしいのです。
何をしても泣き止まずひたすら玄関に向かって指さしを続けたので、もしかして?と思って“勝手に出て行った事”を謝り、“どこに行って何をしてきたか”を説明し始めたとたんピタッと泣きやみみ納得した顔。
どうやら玄関から勝手に居なくなった事を怒っていたようなのです。
まさか一歳半にもならない子に出掛ける説明が必要とは思っていなかったのですが今回の事でこれからはしっかり説明してから出掛けようと思いました。

 事例その3
産まれて初めて熱を出しました。
子供が初めて熱を出すのは“突発性発疹”であるという例に洩れずBBオ君も実家に行った翌日突然高熱の後発疹発生。
この症状は知っていたので発熱自体は心配していなかったのですが、一番懸念していたのは“この症状は子供が別人の様にグズる”というもの。
BBオ君も本当に別人の様になってしまい、その間は両親に預けて出掛けるなどは絶対無理で、一日中夜中も酷い密着のグズりで産後私も初めて「育児って大変」とへとへとになってしまいました。

グズられ続ける日々の間に私は夜中に全身蕁麻疹が出て呼吸困難で救急行ったのですが、その時は夕食なんか特別なもの食べたっけ?
でも以前検査しても食物アレルギーっぽい傾向全くなかったし変わったもの食べてないし。。。と思っていたのですがどうやらストレスからくるアレルギーだった模様。

そんな訳で私まで辛くなり、あまりに酷いのでいつもの様に幼児心理に詳しい先生に相談してみました。
すると『キチッと“どういう症状でどうなって、いつ頃治るのか”を説明してあげて下さい』との事
早速「どの赤ちゃんもかかる病気でお熱の後に発疹が出て〜云々」とBBオ君に説明してあげました。
すると数日のグズリがうその後にピタッと止んだのです。
発疹も続いていて体調が回復したわけでもないのに普段のように笑顔が出てきて

最後にして私から離れておじいちゃんおばあちゃんと遊んでくれるようになりました。
画像


そうなんです、大人だって訳もわからない体調不良は不安になるし、先生に「大丈夫だよ」とか「すぐ治りますよ」って言って貰えるだけで安心するのに。。。全く病気についてBBオ君に説明してあげてなかったんですよね
ハハ反省

今回とても思った事。
いきなり「説明」と言う事をこの月齢の子にしてもどの子も同じように分かってもらえるとは思えず、やはり今までの毎日の中で色々物事を説明してあげてきた事がここまで理解してくれる事になったのかなぁと思っています。

私が話す事は驚くほど理解してることに驚きの日々の1歳4ヶ月期なのでした。

3歳まではとにかく同じことを何度も説明してあげないと一度ダメと分かってもすぐに忘れてしまう時期。
これからもなるべく綺麗な日本語で主語述語をつけて面倒くさがらず(←これ大事だわ)色々な事を繰り返し話して行こうと思いました。


 おまけ 

私が出掛けるとBUBEが吐くのは何度もブログに載せてますが、その他にも昔から私が入院したりちょっと大きめ病気とかになると“吐く”行為をするBUBEさん

今回夜救急から帰ってくると私の周りに10箇所以上吐いてくれました。。。心配しててくれたのね
画像


そして千代ちゃんは相変わらずのツンデレでこの“変わらなさ”も癒されます
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
驚いた
ナイス

BB-BUBEサイト内検索

BBオ君の成長記録 : 1歳4ヶ月期 BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる