BB−BUBE

アクセスカウンタ

zoom RSS BBオ君の成長記録 : 1歳6ヶ月期

<<   作成日時 : 2014/09/16 20:44   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像あっという間の1歳半。
とうとう1歳後半に突入です。 
でもこうなると気分はもう2歳なんだなぁという感じになってきているBBオ君ハハです。
そしてそう思うのが単に月齢ということではなく『こんな事がもう出来ちゃうの???』とまるで2歳を超えているかのような行動も多くて1歳6ヶ月の子供の能力に本当に感心させられる日々を送った1ヶ月でした。

まずは18ヶ月健診の結果
身長 77.7cm
体重 10.85kg
歯   14本 

半年で身長が7センチ伸びた割には体重が1キロも増えていないので普段の運動量がやはり増えたのだと実感。
だけど。。。
10キロ超えの子を毎日何度も上げ下げ、片手で抱っこしてるので私の自慢だったプルプルタップタプ、タルンタルンの二の腕がいつのまにか消えその代わり立派な力こぶに変わってしまったのですよ
どっちがいいかと言えば。。。どっちも嬉しくないBBです。
華奢な二の腕の方とかに憧れるわ〜

早朝散歩も定着。
毎朝散歩する場所も基本一年中ラジオ体操行っている場所だったのでいつも来ているおばちゃま、おじちゃまとすっかり仲良くなってしまいましたよ。
画像


そこでも色々なものを一ヶ月間で見つけました。
前日見つけた蝉の抜け殻場所を翌日「どこで昨日みつけた?」と聞くとちゃんと覚えていて広い敷地内でもどこだったか教えてくれます
画像



さてその1ヶ月間のうち8月後半は8泊9日でオットさん実家へ帰省していたのでいつもと違う刺激もたくさん。
脳も体力も身体も成長してまいりました。
画像


好きなだけビリビリさせてもらえて大喜び
画像


画像


 やっとお母さんという“かーちゃん”を言ってくれる様になりました。
二語文もたくさん言える様になってきて『かーちゃん抱っこ〜』とか『かーちゃん あっち〜』とか連発してます。
名前を呼ばれちゃぁ無理な要望もちょっと甘くなってしまうハハです

 洗濯ものたたもうかというと洗濯ものの所にいって一緒に洗濯ものを洗濯バサミから外してくれます(なので取りこんだら予め低くかけておきます)
画像


 もともとは泣かれるからという事でトイレを開けっ放しにして用足しをしてましたが今はトイレトレーニングへの一歩として開けています。
すると目に入るのがトイレットペーパー。
数ヶ月前まではガランガランペーパーを引き出しては遊んでましたがある程度の期間遊ばせたので今は好きなだけ出させるのは終了。
その代わり今はSTOPというと止め、私がホルダーをちょっと抑えてあげるとカット出来るので、カットした後はちゃんと私に渡してくれます。
渡した後はもう一回?と聞いてくるので私ももう一回と言ってまた適度な所でカットしてもらいます。
でも笑えるのがカットしたペーパーをたまにちゃんと股の間に入れてくれる事・(*≧m≦*)ププッ

  “バイバイ”という言葉と“手を振る”動作が同時に出来る様になりました。
バイバイ=手を振るが結び付きしかもちゃんと同時に行動出来る脳になったようです

 離乳食後期も無事完了の感じです。
ペンギン。。。のつもり。。。しかもこちらちゃんと作れる型があって作ってるのに私が作るとビミョー。。。
こういう細かい作業はホントだめな私、キャラ弁には向いてないようです
画像


画像


 特に説明して見せてるわけではないのですが、虫さされで痒い時は痒いと言えるだけでなく、同じような容器の中からちゃんと “痒み止め”を選んで私に差し出して塗ってと伝えます

 髪の毛をカット 脱わかめちゃんです
画像

頭のハチ(頭部の脇横が張っている)が私と同じように張っているBBオ君。
へたにカットすると髪が横に広がっちゃうので長さを作ろうと私が切るとどうしてもワカメちゃんにしかならなかったのですが
昔義母が床屋で鋏をもっておられたそうなのでチャチャチャと見事に数分でカットしてくれました。
一気に少年の様になりました
いやぁ 悪そ〜なわんぱく坊主な感じです
(でもワカメちゃんも今しか出来ないのでやっぱり好き

 何故か今までには考えられない位ベビーカーに乗りたがるようになりました
一歳過ぎてからなんとか乗ってくれるようにはなりましたが好んで乗ることはなく途中で抱っこ抱っこと言ってきていたのに今は乗らせろという状態に。
不思議だぁ

 上・下の意味がちゃんと分かるようになりました。

 交通信号を教えているので通るととても反応するように。
信号無視の常習犯だった私もこれを機に“The日本人”で車のこない歩道でもしっかりと止まる様にします。はい。

 夏の間はほぼ毎日の様に林試の森のじゃぶじゃぶ池へ行ってました。
でもかなりBBオ君はヘタレ慎重派。
何度行ってもその日慣れるまでは足ギリギリまでしか入らず中々入ろうとせず。。。
画像

なので私も無理に入れることはせず暫くは好きなようにさせておきました。
で、お尻が濡れると吹っ切れるのか?ようやく遊び始めるという毎日でした。
画像


水場があるとすごく興味もって触ったり見に行ったりするのに実際入るとなるとヘタレ慎重派なんだよなぁ〜
画像



 色々な事に対して勝手に私が止めたり、もしくはやらせたりするのではなく選択肢を与えて選ばせるようにしました。
まだこの方法早いかな?と思っていたのですがもう一歳半で選べるのですよね
自分で選んだ方法だと大人しく一人遊びしてくれたりします。

 泣き真似、うそ泣き、そのたぐいの事をすごく使う様になってきました。
5ヶ月期から始まったイヤイヤ期も全開(;・∀・)
無理に頭をどこかにぶつけて私の意識をむかせようとしたりとかも。
でもどうして、何のためにやるのか、またそれをエスカレートさせない方法やその対処法も分かっているので結構面白がって見てしまうハハなのです。
必死にやっているのを見て笑いをこらえるのに必死な事も・(*≧m≦*)ププッ
(とはいえたまにはムカつきますけどね

細かい事でも理解しすぎていて驚かされるほどがまだまだあるのですが今後はもっと増えていくのかな。
もっと驚きたいハハなのでした。
画像


そ・し・て

“言い聞かせ”効果が凄い事になってます!

 言い聞かせその1
 今回は “はしか”と“水ぼうそう”の予防接種をする事になりました。
予防接種って量を入れるのでオトナでも痛いし嫌ですよね。
なので突然痛い思いをされたら絶対子供はもっと怖いはずと思い、前日より1日半ほどかけて何度も説明しておきました。
まずは『どこの場所へいくか』から始まり
『それは何のためにするのか』
『やるのとやらないのではどう違うのか』
『注射というチクっとするものを両手にする事』
そしてそれは『痛い』という事
だけど『いつまでも痛いのではなくすぐ治まるからね』という事
をくりかえしくりかえし伝えました。

さて当日
病院に入る前にここが説明した場所だよといって頑張ろうねと声をかけました。

先生をみても怖がらず
まず右手に注射。。。チクっ。。。

え???泣かない??? Σ(@ロ@lll)?

数秒なのでまぐれで泣かない?とちょっと思ったハハですが
次は左手。 同じ事をされるのはちゃんと分かっていても

やっぱり  Σ(@ロ@lll)!!!!! 泣かない!!!

でも声は出さなくとも一生懸命こらえていて目には涙が浮かんでいました
これには先生も看護師さんもびっくりされて、受付のお姉さんまで『もしかして泣かなかったの???』とびっくり。

もう私が一番びっくりでした。
とってもとっても頑張ったのでその時は病院内でもいっぱいいっぱい褒めてあげました。

でも家に帰ってから緊張がほぐれたからか甘え泣きしちゃってましたけどね
私の方が偉いと思って泣けてきてしまいましたよ。

恐るべき“言い聞かせ効果”

 その2 
1歳半の歯科検診 注射の件もあったので今回も前日より言い聞かせ開始。
『どこでどういう事をやるのか』
5ヶ月期での歯医者の1件があったので「いつもお母さんが楽しくしていることだよ」と伝えて。

いざ検診
区の検診なので同じ月齢の子がたくさんいます。
まずは
保育士さんに口の中にグイグイ手をいれられ歯ブラシレッスン。
周りはモノスゴイギャン泣きの子だらけですごい状態になっているのにやはり目に涙を浮かべるだけで一切声を出さずに我慢するBBオ君。
その後の医師の診察で鏡をいれられたり触られたりしてもこれまた涙目で我慢。

一度も泣かなかった事にまたも驚かれました。

検診は午前中、その後はBB実家へ週末のBBQの為に向かいました。
夕食が終って歯ブラシをもたせた所BB父に「今日こういう風にやったんだよ〜」と言わんばかりに自分では見せつけてましたよ
画像



 さてちょっと話は成長記録から変わります。

成長期をずっと書き続けてきまして不思議と周りにも親しかった方達が10人ほどもベビーブーム状態のBB。
お陰でこの成長記録を自分の子供と比べて参考にに見られてる友達もありがたい事にたくさんいます
一歳過ぎたころから同じ月齢の子たちと少しづつ差が出てきているのが親ばか目線を含めなくとも感じる事が増えてきていて、実際周りから「何かされてるのですか?」とか「どうやってるの?」とかの質問を多々多々される様になりました。
例えば一歳二カ月頃からは児童館で赤いボールを持ってきてというと持ってきてくれたり、お片付けというとしてくれたり。病院の待合室で本自分で持ってきて、やはり片づけてというと元の場所にもどしたりと。
で、周りに同じくらいの子が居るのですがただアーとかウーとかいってるだけでこちらは「もうちょっと月齢下かな?」と思っているのに対し相手は「月齢上なのね」と思っているのですが実際そのお母さんと話すと月齢一緒でお互いビックリなんて事も多々多々ありまして。

でもその「何か特別なことやってるのですか?」と聞かれても本当に『一日中話しかけてます』としか言えない私。
だって特別な知育オモチャや教育本買ったりなんてしてませんし。
オモチャはジジババさん達が買ってくれるのでほぼ親は買ってないんです
買ったとしたら100均のピンポン玉とかカラーボールとか程度

ただ!どの時期にどういう遊びを一緒にしてあげるか
それもお金も使うのではなく、、いないいないばぁ等の昔ながらの遊びをその時期にどういう方法でやっていくか。
そして話しかけるポイントなどはとても重要視してやっていました。

しかもそのお陰で私もイライラもする事も殆どなく、日々一緒になって遊んでいるだけなのにどんどん驚く成長が見られるのです。

ずっと成長記録を見てこられた方なら覚えがあるでしょうか? たまに私が「幼児心理に詳しい先生に相談」と何度か書いていたのを。
最初に書いたのは5ヶ月期ですね。
その先生にリンクの許可を頂いたのでご紹介です。
好奇心を満たせば育児は本当に楽になる』のブログを書かれている柴田先生、その柴田メソッドです。
ブログ(PC版で見る方が悩み別に見れるのでおススメ)を見るだけでも本当にどんな本より為になりますし
“へぇ〜”って初めて聞く日々の生活にお役に立つ事もたくさん。
なので育児に迷走されている方はとりあえず無料で見れる柴田先生のブログを見て心ゆったり笑って育児をスタートしてもらいたいです。

だって本当に私がこの一年半殆ど(たまにはムカつく事とかありますけどね)イライラする事無く、無駄に育児本やオモチャを買ったりという無駄な事をせず楽しく育児してこれたのですから証明出来ます

そしてもうひとつ。
こちらを知ったきっかけは同じ病室だった日赤組さんの一人。
彼女の子供には年子になるお姉ちゃんが居て、最初BBオ君がお家に遊びに行かせてもてらって会った時には二歳にはなっていない月齢。
だけど、もう普通に会話が出来ていたのです。
当時は2歳前でも子供ってこんなに喋れるのねぇ程度にしか思っていなかったのですが今考えると凄い事で。。。今でもスーパーキッズまっしぐらの凄い成長ぶり。
“ブログ見るだけでも役に立つよ”と教えてくれたのがきっかけでした。
その日赤組みさんのブログはこちら
こちらのブログもとーっても育児中の皆さまにはお役に立つ事間違いなしなのでぜひのぞいてみて下さいな。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
かわいい かわいい
驚いた
面白い

BB-BUBEサイト内検索

BBオ君の成長記録 : 1歳6ヶ月期 BB−BUBE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる