ワインパーティーレシピレシピ  :チキンのアンショワヤードマリネ焼き

画像アンショワヤードとはフランス料理でのアンチョビソースの1種。Anchois(アンショワ)という地中海で獲れる片口イワシの名前が由来です。これはそのままでも非常に美味しいソースなので野菜につけて食べたり、白身魚につけながら食べるのもお薦めです。

 今回もまた日本橋高島屋にて京都丹波産の立派なバジルがモリモリ売っていたので今日のチキンに活用しました。チキンにつけておいて焼くだけの簡単極上レシピ、ぜひお試し下さい。

【材料】 作りやすい量でどうぞ。
* バジルの葉・・・20枚
* アンチョビ・・・5枚
* ニンニク・・・一かけ
* 胡椒・・・適宣
* オリーブオイル・・・50cc
* 白ワインビネガー またはお酢でも・・・大さじ3

* チキンモモ肉・・・人数分

【作り方】
① チキン以外を全てミキサーにかけて滑らかにする
② ①のソースを少し残して(あとでアクセントに使うので)チキンにまんべんなく漬けて最低30分は置く。
③ 油を引かずにフライパンを熱し、皮側からチキンをやく。余分な油をふき取りながら皮がパリッとしたら裏返し、あとは出来たら中がピンク色になるように焼けるのを待つのみ。

簡単でしょ?

 お皿に少し残しておいたソースも一緒に盛りましょう。火の通ったソースとフレッシュなソースの感じどちらも楽しめ顔がニヤケル事間違いなしです


 レシピに質問のある片は遠慮なくコメントまでどうぞ。



 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック