簡単 美味しい ワインパーティーレシピ :おめでたいレシピ 3つ

画像先日BB亭での友人ウェディングパーティーにお出しした赤白レシピを3つほどご紹介です。

とっても簡単で、紅白で見た目も華やかなのでこの時期バレンタインディナーで作ってみてはいかがですか?

【ガーリック風味のセミドライトマト押し寿司】
バンレンタインのお菓子作りグッズ売り場で見つけたハートの押し板が付いた型を使用しました
〔材料〕
* セミドライトマト・・・作らず市販物を使用しました
* オリーブ・・・緑が目立たない程度アクセント的にチョッと使います
* 硬めに焚いたご飯
* ニンニクすりおろし 
* オリーブオイル
* 塩胡椒
〔作り方〕
① ご飯にオリーブオイル少々、塩、胡椒を加えてよく混ぜる
② オリーブとセミドライトマトの余分な油を拭き取り、細かく刻んで叩いたらニンニクを加えてよく混ぜ塩胡椒で味を調える
③ 型に詰めて押し出して出来上がり
トマトのまろやかな酸味でご飯がサラダ感覚でいただける一皿にしてくれます

【ローストビーフとモツァレラチーズ ブルベリーソース】
画像
何度かローストビーフ自体はレシピにも出しましたがブルーベリーソースが毎回大好評なのでご紹介。いつもの様に温かいものではなく、コールドビーフとして前菜で頂きます。
 ただしいつもクック膳で作っているので耐熱容器等で作る方の調理時間が分かりませんので、あくまで目安でどうぞ
( リクエストにより20日の出張BB亭にもお持ちしますよぉ

〔材料〕
* 牛肉・・・250~300g  
* 玉葱・・・1個 すりおろし
* ブルーベリージャム・・・大さじ3
* にんにく・・・2片 すりおろし
* 水・・・50cc
* お酢・・・100cc
* 醤油・・・100cc
* ローリエ・・・1枚
* モツァレラチーズ
〔作り方〕
① すりおろした“にんにく・たまねぎ”“水”をクック膳に入れて5分加熱
② 加熱した①に“醤油”“酢”“ブルーベリージャム”“肉”“ローリエの葉”を入れ更に5分~7分ほど加熱(お肉の量・厚みによって調節してください)したら出来上がり
冷めたらそのままタレごと容器に入れて一晩置きます

出来たても美味しいのですが、タレにつけて一晩たったものはお肉も落ち着き、味が染みて(塩っぱくはならないので平気ですよ)オススメです。
食べる時はお肉やソースを常温に戻した方が旨味を感じられます。

これにオススメの付け合せ野菜は「わさび菜」「マスタードグリーン」「スプラウト」のようなソースが絡まり、チョッとピリっとしたものが非常に合います
。モツァレラを挟み、ソースをたーっぷりかけて召し上がれ

【パプリカマリネの白和え】
お豆腐との相性を考えて、お酢を加えないマリネです。
画像
 
お豆腐を白和えにする際「裏ごし器」や「すり鉢」をご紹介する方が多いのですが、私の簡単オススメ兵器はなんと言っても「泡だて器」!!
ちゃんと滑らかになります。 そのままボールの中で混ぜられ、後片付けも簡単です。
画像

〔材料〕
* 絹ごし豆腐・・・水切りしておく
* 赤パプリカ
* オリーブオイル
* にんにく
* アンチョビ
* ローリエ 一枚
* 塩・胡椒
〔作り方〕
① パプリカを丸のままグリルや網で皮が真っ黒くなるまで焼いたら冷水にとって皮をむき、カットし塩胡椒する
② オリーブオイルを熱し、刻みアンチョビ・ニンニクの香が出る程度に火を入れたら火を止める
③ ②にパプリカ・ローリエを加え一晩寝かせマリネする
④ 水切りした豆腐をボールに入れ泡だて器で滑らかにしたら美味しい塩を加えて軽く味付けをする(パプリカに味を付けているので薄めに)
お豆腐とお塩ってなんでこんなに合うのでしょうかねぇ更にお豆腐が甘く感じます
⑤ マリネした③の余分な油を切って④に加え、食べる直前にオリーブオイルをひと垂らしすると旨味がアップです。

どのお料理も肝心なスパイス“愛情”をたーっぷり加えて作ってくださいね

レシピに質問あるかたは遠慮なくコメントまでどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた 驚いた

この記事へのコメント

バジリン
2010年02月10日 12:24
あ~~~~!!
このレシピ教えてほしかったんです
ほんと、めっちゃおいしかったです
もうすぐバレンタインだし、ハート型の押し寿司・・作ろうかな
いつも美味しいレシピありがとうございます
BB
2010年02月10日 15:15
バジリンさん
今度のレシピも是非バジリンリストに載せて作ってみてくださいな。
ハート型は色々使えまっせ

この記事へのトラックバック