ラーメン :飛騨高山 中華そば 高山ラーメン 豆天狗

画像
昭和26年創業の高山ラーメンの老舗『豆天狗
本店に行ってまいりました。

老舗といっても平成16年に新装開店しているのでとっても新しく綺麗な店内。

画像


スタッフは豆天狗T

画像


高山ラーメンの特徴は「細めの縮れ麺で醤油味 スープが黒い」と聞いていたのでシンプル東京中華そばみたいなものかなぁと思ってました。
こちらのお店はつけ麺も有名なようでかなりオーダーされていましたがやはりここは基本の「高山ラーメン」を食べねば!

そして食べてみた。

スープの第一印象 自分で入れなくても胡椒がしっかり効いている
ほとんど自分で足さなくてもいいくらい。
でも強すぎないのが面白いスープ。
色はもっと黒っぽいのをイメージしていたのですが、濃い目の醤油ぐらい。

このままの色の味だったら濃そうだと思っちゃいますが

画像

とんこつが入っているそうですがほとんど主張せず見た目と違ってあっさり。

東京ラーメンともちがうし、透き通った醤油ではないのにやはり「中華そば」という呼び名がぴったりの“昔ながらのラーメン”という印象が強いです。

多分毎日食べても飽きない。。。そんな感じ。
お酢がとてもよく合うスープなので2段階で楽しめます。

そしてなんと言っても特徴なのが“細ちぢれ麺”
これはかなり気に入ってしまいました。
麺自体の味もしかり、縮れているのにとてもツルツル
唇と咽越しが超心地よい。
ズズズって吸うとそれに伴ってジュルジュルっとスープがたっぷり絡んでくるのがたまらないんです
なのでラーメンゼロのようにスープがどんどん無くなっていきます



高山ラーメンの特徴がとてもよく分かった「豆天狗」
その後高山ラーメンが気に入ったのでインスタント生ラーメンを購入。

しばらく家でたてつづけに高山ラーメンを食べていた後、「市屋麺」でラーメンを食べたら。。。「あれーなんか真っ直ぐだ!?」とすごい違和感?変な感じがしました

高山ラーメンがすっかり気に入ってしまったBBだったのでした。

あのツルツルジュルジュルの唇の感触また体感したいっ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

tanooki
2010年10月02日 00:51
高山の中華そばネ……ハイ、強いインパクトがあるわけではないのに、否、ないからこそ食べ続けちゃう感じですな。

ワタクシめは高山に行くとハシゴしちゃいます。「桔梗屋」に入って普通サイズを注文したら、御主人に「中華、普通のでイイの?」と聞かれ、この後に「つづみそば」に行くとは言えずに「あ…普通のでイイです」と小声で答えたのも懐かしい思い出。あまりに少なかったので「つづみそば」では大盛にして茹で玉子まで付けちゃったのも懐かしい思い出。

「豆天狗」は行ったことがないので、一度は行かないとイケナイな~。
BB
2010年10月05日 08:52
ラーメンハシゴさすがです。
でも麺もスープも重くないから意外とアッという間に食べられちゃうんですよね。
豆天狗 「つけそば」と「中華そば」ダブルでどうぞ

この記事へのトラックバック