不動前 ラーメン : せたがや系  市屋麺(いちおくめん)

画像こちら今年4月にOPENしたばかりのラーメン屋。
【王様のブランチ】にも紹介されたここ「市屋麺」です。
でも混んではなくすんなり入れました。

店構えの印象と“イチオクメン”という名前から当初「あんまり美味しそうに感じなかったのが正直なところ。
でも友人が「あそこ無化調(化学調味料なし)だよ」と教えてくれたので一気に興味が湧きました。
画像


しかも「せたがや系」
(せたがや系という表現が間違っていたらゴメンナサイ)

「せたがや系」といえば私が完全に惚れこんでしまった『ラーメンゼロ』と同系ではございませんか
(書いてるそばからゼロ食べたくなってきた

結論から参りますと、特にインパクト的特徴がない。
ネタにしようにもつまらなくなりそうなので「ゼロ」と比べながら書いてみます。

市屋麺は「つけ麺」を大々的に紹介している印象があるのですが、やはりあまり好まない「つけ麺」は選ばず、“ラーメン”を二種選択。

醤油全部のせ
画像




塩全部のせ
画像


メンマはゼロと同じ長々、筍感がしっかり。
やはりこのメンマは美味しい。

玉子は半熟以上にトロトロ。
うーんここまでトロトロだとご飯にはいいけど、ちょっと食べづらいかな。
一気に食べてしまわなくてはならなく。。。楽しみがぁ
画像


麺はお蕎麦のようにツルツル。
そう、先日ご紹介した高山ラーメンの細縮れ麺を続けて食べていた後だったので「あれー麺が真っ直ぐだ」と普段では感じない咽越しの違和感があった私。
この違和感はとても面白い体験でした

麺の味はとても美味しいですが、ゼロほど小麦の味は感じられません。
最近麺自体美味しいお店が多いので、ごめんなさい“すごい麺美味しい”とまでは言えないです。

で、この塩と醤油の一番の違いはスープというより「チャーシュー」!
部位も違います。

塩に入っているのは炙られた(バラか肩ロースかな?)?チャーシューなのでスープに香ばしい香りが溶け込んでいます。
醤油は外モモ?細かい部位はワカリマセンがこちらは“にくっ”なチャシュー。

スープは当然ながらゼロのようなスルメとか独特の風味はありません。

無化調だし、麺も美味しいのだけど、またここのラーメンを食べたいという“何か”が特にないので。。。やっぱりこれ以上書けないな

とはいえ無化調ラーメン店が近くにたくさんあるのは本当嬉しい。
この時点で化調だらけのお店より私にとっては格段上なのに。。。コメントしてしまうなんて贅沢だわっ

今度はここら辺に集まっている「せたがや系」もの、「なわて」も攻めなければ

やっぱり「ゼロ」好きを再確認したBBなのでした。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック