不動前 目黒 :せたがや系 ラーメンゼロ  : ラーメンゼロ vs つけめんゼロ & ミックマック

画像ラーメン店で2度ネタにしたのはゼロが初めてですね。

ここまで『ゼロ食べたい』と思うラーメン店は今までになかったのですが、今回まさかの二日連続ゼロってしまったBBです

いつも選ぶのは迷わず“ラーメンゼロ(1,000円)”で、それ食べたさに行くので他のMENUを注文する気は全くなく、もし“つけめん”等を食べる機会があるとすれば連続で行く時くらいかなぁ。。。と思っていた私。
今回連続行ってしまったので、はれて“つけめんゼロ(900円)”をオーダーしてみました。

ラーメンゼロはやはりラーメンを食べるという気持ちより、和食を食べてる気分になるのが不思議。
食後もラーメン食べたって感じではないんですよね。
麺もツルツル飲み込むのではなく、ゆっくり少しづつ噛みしめて小麦を味わってゆっくり食べたいんです。
最初薄めに感じるスープも段々濃く感じてき、麺もスープを吸って独特の味わいに変化していく過程が最後まで飽きず、はまってしまう所以です。

さて、つけめんゼロはいかがなもんか?

スープ自体はラーメンと変わらないのですが、濃さを増すために“塩ダレ”がプラスされているとの事。
具はメンマとチャーシューと挽肉ソボロ。
ラーメンに入っている「味玉・アサリ」がありません。
(ここの大好き味玉トッピングすればよかったぁ)
やはりスープは美味しく、つけ麺だからといって塩気が強すぎることもありません。
画像

麺だけ食べてみると甘味のあるムチツルっ麺。
でもやはりこの麺はスープに浸けて初めて旨さを発揮する麺だということが実感できます。
画像


第一印象は“ラーメン”と“つけめん”のスープの差は左程感じられなかったのですが、終盤間近、双方のスープを飲み比べてみると明らかな違いが!!

つけめんの方は塩ダレのお陰か、意外とあっさりしたままそんなに変化は見られなかったのですが、ラーメンのスープは明らかに“小麦味”がするのです。
この小麦の溶けた感じが更にスープにコクとまろやかさを増しているので、最後の一滴がとても“食事した”と満足感のいく結論になってたんですね。

まるまるラーメン一杯食べていたときには気づかなかったのですが、こうやって食べ比べると初めて気づくものです。

やはり連続で食べても全然飽きないゼロ。

うん今回は楽しい発見ゼロでした

。。。でもゼロでさえ、やはり「つけ麺」なるものの醍醐味をみつけられない私
   まだまだお子チャマなのかしら?。。。

さてお腹もいっぱいになったところで天気もいいし恵比寿に「ミックマック」を観に自転車飛ばしいくと

ガーデンプレイスで『北海道大収穫祭』なんてものが開催されているではありませんか
画像

サッポロクラシックの生ではなくフツーのサッポロ生だったのですが一杯拝借
太陽の下で呑むビールは旨し
画像


ミックマック
そうあの大好きな映画『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督の映画。
しかもアメリの時と同じスタッフで製作されているというもの。

今回も独特のカラフルな映像、アコースティックでテンポの良い音楽、細かな細かな笑いのネタとイタズラが満載、そして社会風刺のブラックユーモアにあふれる内容のとても濃ゆい作品でした
画像



満足ゼロ+満足ミックマック 夜のビールが更に美味しく感じた一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック