グルメ :ほろほろ鶏のその後の活用形 : ほろほろ鶏出汁極上ラーメン & おまけ

画像先日お伝えした『石黒農場のほろほろ鶏』。
骨はすぐ使わなかったので冷凍しておいたのですが、出番です!

結論から申しますと。。。これは『極上スープ』

横隔膜の隙間もしかり、かなり身であるお肉はそぎ落とした状態の残った骨。
圧力鍋にかけ、葱の青い部分を少々、それと美味しい塩だけで煮込んで出したスープです。

いつも“水炊き”“鶏鍋”をやる時は近所のスーパーに売ってる鶏ガラ1~2羽使って出汁を取るのですがそれとはまず香が違う。
ほろほろ鶏の骨自体少ししかなかったにも関わらず芳醇な香りが立ち込みます。
これにはオドロキ
雉科の鶏は噂通り出汁よくでましたよ

そのスープの色はかなり黄身がかかっていてトロっととろみもあって濃い!!

せっかくなのでスープが薄まってしまうのもやだ

ということでスープ一杯分のラーメン一人前をオットさんと仲良く分けることにしました。
(だから半熟玉子が2個
この濃さに合うよう麺は生タイプの玉子麺にしていただきます。

我ながら美味しすぎるラーメン。
大満足の一杯でした。

この楽しみがあるとやっぱり半身より一羽買わなくちゃね

『一物全体食』が出来る、益々気に入ったほろほろ鶏なのでした。


さておまけ。

ほろほろ鶏のうち綺麗に塊りとして切り取れなかった剥身の部分はこんな風にサラダにしました。
画像


この日のサラダに合わせたメインは『スズキのアクアパッツァ』
画像


魚貝出汁がたーっぷり出たので魚を食べ終わった後、更にツナを投入しパスタで〆。
画像


出汁ものって大好き
やっぱりお料理の大切な裏方でもあり主役にもなりうる大事な存在。
深いなぁ

私も出汁のような人になりたいなぁ。。。と話がそれていくのでこの辺で








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

sawa
2011年01月26日 08:14
ひぇぇ、☆ほろほろ鳥ラーメン!
濃厚な色!!
家庭でこんなのが食べられるなんて、BB家の猫になりたい~♪
BB
2011年01月27日 08:55
やっぱりsawaさんの仰る通りの出汁の濃さでしたよ、雉科さん
たったあれだけの骨の量でほんと黄色っぽい色にはびっくりでした。

CUTEなsawa猫が来たらBUBE社長超嫉妬するだろうなぁ

この記事へのトラックバック