簡単 美味しい ワインパーティーレシピ: 自家製セミドライトマト & ベーコン帆立セミドライトマト串

画像先日のPARTYでお出ししたセミドライトマト。手作りしたものでした。

その名の通り“SEMI(半分)”“DRY(乾いた)”トマトのことです。

ドライトマトというとカチカチなんですが、セミとなるとシットリ、ある程度乾燥されているので旨味や甘味が凝縮していてそのままで贅沢オツマミにもなってしまいます。
これがお店で買うと少量でも高い!! 
でも大好きっ なので購入してました。

もともと今回のPARTYに使おうとMENUに組み込んでいっましたが、買いに行くにも電車は不規則、余震も多い。。。購入を諦めようかと考えていた所、ご近所スーパーにてシシリアンルージュを発見

作っちゃいました

日持ちもするし冷凍も出来るのでとっても便利。
しかも自分の好きな硬さに乾燥させたり、好きなハーブで味付けることも出来るので一石?鳥です。

シシリアンルージュは火を通す料理に向いているトマトなので、出来上がりの酸味と甘味のバランスが非常に良く旨味が強くなるのでオススメなのですが、普通のプチトマトでももちろんいいです。

これからの季節、泡や白ワインにとっても合うオツマミとして常備しておくととっても便利ですよ。

【材料】 
* シシリアンルージュ(もしくはプチトマト) 好きな量
* 塩  自分の好きな美味しい塩で
* オリーブオイル
* ニンニク
* ローズマリー、タイム等の好きなハーブ
* ローリエ
* 鷹の爪 1本

【作り方】
① オーブンを100度に温めておく。。。といいながらウチの古いオーブンレンジは150度以上しか設定出来ないので150度で作りました
② 綺麗に洗ったトマトのヘタをとり切り口を上にして天板などに並べる。
③ 切り口に美味しい塩をまんべんなく摺り込みオーブンで100度なら2時間くらい、私は150度で1.5時間位「焼く」というより「乾燥させる」感じで様子を見ながらお好みの乾燥具合まで焼きます。
④ 綺麗な瓶に出来上がった③とハーブ、塩、スライスニンニク、鷹の爪、ローリエを入れて二日ほど漬けたら出来上がりです。

出来上がった直ぐのセミドライトマトにオリーブオイルを垂らして食べるだけでも超美味なんですが、漬け込むとハーブやニンニクの香が付いて更に美味しくなります。

そして生のニンニクも一緒に漬け込んで数日経つと全く辛味や臭みの抜けた臭いの放たない美味しいニンニクになるのでそのまま食べられます。
画像


こちらは
刺身用帆立にベーコンを巻き、セミドライトマトも串に刺しフライパンで焼いただけ。
でもビックリするほどこの組み合わせは美味しいのです。
“ネギマ”の様に『帆立・ベーコン・トマト』を全て一緒に食べるのが絶対オススメ。
冷めても美味しいのでポットラックパーティー(持ち寄りパーティー)なんかにも喜ばれると思います。

震災以降はやたら保存食、とくにカップラーメンやインスタントものが売れていて、保存が効かないものの消費が随分落ち込んでいたようですが(実際乾物コーナー等は空っぽなのに魚や肉は結構充実してたりと)、私の場合今まで以上に『生鮮ものを使った自分で作る保存食』を考えてました。

こちらも仲間入りです。。。しかも有って嬉しい保存食。
そのままでも美味しく、でもいろいろな食材との相性もいい。

いかがでしょうか



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック