ラーメン :高山ラーメン : 「甚五郎らーめん 本店」

画像今年のGWも高山ラーメンを食べに足をのばしてまいりました。

去年は渋滞10時間コースだったのですが、今年は夜中出発でなんと。。。3時間半という速さっ
オットさんお疲れさまです

この時期はどこの高山ラーメン屋さんも行列です。
普段並ぶのを好まない私達ですがラーメン目的で来て食べないわけにはいかず、しっかり並ぶ事20分ほど。
今回は【甚五郎らーめん】に入ってみました。
画像



噂通り店内スタッフは女性のみ。
ラーメン屋の仕事ってキツイ肉体労働だと思っている私。
テキパキ動くおばちゃん達に「すごいなぁ」と感心の目で眺めてしまいます

ここのラーメンは高山ラーメンの中でも更に究極のシンプルスープ。
しかも“ラーメン”と“チャーシュー麺”のみでサイズが並か大盛だけのこれまた麺のメニューまでもがシンプルな内容。
高砂と同じですね。

「ラーメン 並み」を選んでみました。

卓上には生丸ごとニンニクが置いてあり自分で摩り下ろすようになってます。
画像

これにはビックリ
フレッシュだから気をつけないと良く香っちゃうだろうな
(今回は使いませんでした)

具は葱と肉厚チャーシュー、メンマ。
トッピングに玉子とかはありません。
店内貼紙によるとこれらの具全てにとてもこだわっているようです。

見た目は高山ラーメンっぽく濃い醤油色。
麺はとても細くしっかりしっかり縮れてます。
スープがサラサラなのにこの縮れ具合でしっかりスープが絡んでくれるのです。
画像


チャーシューはかなり肉厚。
同じスープで煮込んでいると思われるのでやはり醤油味が他の出汁より一番に感じます。
画像


これが白飯(無料)ととっても合う
画像


スープに関しては他の方のコメントには“ただしょっぱい”と書いている方が多く、その真髄を調べてみました。

結論から申しますと咽が渇かないのでしょぱいという事ではないのです。
ただ“醤油”っぽいお味がストレートに出て来る究極シンプルスープだからだと思うのですよね。

最近の色々魚介系とか豚骨醤油とかで滑らかさや複雑みのある一見「これは何が入っているのだろう?」
というまろやかさのあるものではないから。

かといって醤油味だけではなくちゃんと豚骨や鶏がら等の深みはちゃんとあります。

ここのスープは最初から胡椒がしっかり効いているタイプではなかったのですが(豆天狗のように)、不思議とやはり胡椒をたっぷり入れたほうがスープにダイレクトに効いて旨味が増すのです。
お酢との相性も抜群。

やはり高山ラーメンって毎日食べても飽きない“中華そば”だなぁ。

これまで5件で食べてますがもうチョッと色々食べ歩いて自分なりのランキングを決めたいな。

このシンプルな高山ラーメンをまた次回楽しみにしているBBなのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック