ラーメン :神田  : カラシビ “つけ麺” 鬼金棒(きかんぼう)

画像【鬼金棒】といえばでお伝えしたことのある、あの【辛い・しびれる】のカラシビラーメンのお店。

先週またカラシビラーメンが食べたくなり鬼金棒に行くとその3軒ほど先に行列の出来ているお店がありました。
この時点で鬼金棒は並んでいる人が居なかったので、「鬼金棒を超えるお店が出来たのか」と思ってみてみると、そこにはなんと

【カラシビ つけ麺】の看板が

画像

いっいつの間に!!!

でも並ぶ気にはならず、次回に回してこの日はラーメン鬼金棒にしました。

。。。そういえばここの基本の味「辛い(普通)xシビレ(普通)」って頼んだ事ないなぁ。。。

ということで普通x普通で注文。
シビレは卓上の「痺」を足せばいいのですが、唐辛子は卓上にはないのでやっぱり私には辛さは全く足らず、ちょっと物足りなし。

これを踏まえたうえでの今回つけ麺の注文です。

量は並(160g)も中盛り(240g)も大盛(320g)も同じ料金。
でも並の場合は“半炒めもやし”か“半味玉”が選べるので、もやしをチョイス。
画像


ここはつけ麺&この日(22日)は猛暑日。
だけどラーメンとは違うから汗・鼻水出まくりは大丈夫かと 【辛さ 増し xシビレ 増し】のマシマシ。
そして熱盛ではなく冷盛りにしていただきました。

冷盛りと言っても、炒めた熱々もやしが乗っかるのでこのタイプは「ぬるもり」が正確な表現ですd(-_☆)
画像


見た目唐辛子モリモリ!!
画像


この辛さの唐辛子って普通の時に使う唐辛子とは違うんですってね。
どうりで増しにするだけで辛いはずだけど。。。やっぱり私はまだ全然平気。

基本の味はラーメンと変わらずとても深みと旨味があってほんと美味しい。
ただ、「つけ汁」だけあって濃いので舌的には辛さ・シビレは強く感じますがラーメンより熱くないので体感的(汗・鼻水等)にはさほど影響なし。

テーブルにはラーメンの方にはない「唐辛子・筍入り酢」があったのでいれてみた。
画像

おおっ
中国料理の酸辣湯(サンラータン)とは違ったすっぱ辛いでこれまた美味しい!!

酢にも発汗作用があるので酢までいれちゃうと発汗トリプルパンチですね。
ジワジワとやっぱり汗ばんできます(しかも当然ながら冷房ないのでね。)
でも総務省の龍幸やラーメンのマシマシほどの酷さまではいかはない。

さて美味しく食べ終わった後、お店の方が「スープ割りします?」とのお言葉。
キケンと感じながらもスープ割りしたものを飲むと。。。

今までなんとかじんわり程度に汗を止めてた皮膚が決壊
一気に!
一気に!!
汗がどっひゃーと出てきました

やはり鬼金棒であった。。。

冷盛りのつけ麺って普段好まないのですが、ここは普通のラーメンと選べない位つけ麺も美味しいです。

結局つけ麺でも化粧落ちまくりの赤ら顔の怪しい姿でOFFICEにもどるBBなのでした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

祝、カラシビつけ麺でびゅー
2011年06月29日 08:07
たろぅです。この時期はつけ麺店の方が混んでるようですね。マシマシ+スープ割りだとこの時期だと汗過ごそう・・食べ終わって会社戻らず、どこかでシャワー浴びてビール飲んでノンビリしたくなります^^
BB
2011年06月30日 12:39
たろぅさん

ありがとうございます。
デビューしましたよ

やっぱり少しでも涼しく。。。でつけ麺にしても汗だくになっちゃう内容ですよね。
分かっていながら食べちゃう

家のそばなら確実コースなんだけどなぁ♪
暑いけどまた行っちゃおうと思います。

この記事へのトラックバック