簡単 美味しい ワインパーティーレシピ :桜の葉香る桜海老テリーヌ

画像もうすっかり桜散ってしまってますが、東北は今が真っ盛りですね

桜の葉の香りを食材に使いたいと思うのが、一年でこの時期だけの感覚なのもまた不思議。

良く言われている事ですが、日本人のDNAに“さくら”が組み込まれているという説を体感的に本気で信じている私です

さて、先日の潮干狩りの後のPARTY用に作ったこちら。
桜の葉をテリーヌに使ってみました。

生地がピンクになるように海老の割合を増やしたので益々春っぽい。
とってもいい香りのするテリーヌの出来上がりです

【材料】・・・21cmのパウンドケーキ型を目安の量です。
(100均ダイソーで売ってるパウンドケーキ型使ってます
耐熱容器があれば半分の量でも出来るし保存も利くので参考にアレンジしてみてください。
(海老と帆立の割り合いはテキトーで大丈夫)


* 釜揚げ桜海老・・・大さじ2位
* 桜の葉の塩漬け・・・3枚  20分ほど水につけて塩分を抜いておく
(メーカーによって塩抜き時間は違うので包装されている袋を参考にして下さい)
* ホタテ貝(生食・刺身用)・・・100g  冷蔵庫でしっかり冷やしておく
* 海老 ・・・200gワタと殻をむいて塩or片栗粉等(皆さんの普段の方法)を使って洗って臭みをとっておく。
* 生クリーム・・・200cc 
* 卵白・・・大きさにより2個から3個分
* 塩・・・5g
(桜の葉の塩分と桜海老の塩分を考えていつもより少なめに)
* 胡椒・・・少々

【作り方】  水を張った天板を入れたオーブンを180℃に温めておく(焼くときには熱いお湯になっているように!)
① フードプロセッサーにホタテ貝・海老・卵白・塩・胡椒を全部入れて滑らかになるまでよーく攪拌する。
② ①をボールに移し生クリームを入れ数回に分けてよーく練る。
③ 最後に桜の葉1枚を刻んだものと、桜海老を加えて混ぜ合わせる
④ 大きく切ったラップを濡らし容器の内側に貼り付け、下に一枚桜の葉を敷き、その上に③を流し込む。流し込み終わったら容器をトントンと叩き下ろし、中の空気を抜く。
抜いたら上にも一枚桜の葉を乗せる。
⑤ 容器からはみ出たラップで生地の表面を包んで覆っておく。
⑥ ⑤に更にホイルで蓋をし、180℃のオーブンでお湯になった天板にのせ40~50分焼く。
⑦ 出来上がった⑥をしっかり冷やします。
焼き上がりは膨らんでいるので、ペットボトル等で重石をしながら氷等で冷やし、荒熱が取れたら冷蔵庫へ入れます。
⑧ 一晩そのまま冷蔵庫で寝かして出来上がりです
しっかり固まるまでは柔らかいので型に入れたまま寝かしてくださいね。

作る直前まで食材はしっかり冷やしておいてください。
面倒でも②の時点で生地を入れたボールの下に氷水を入れたボールを置き冷やしながら練ると更に良いです。
画像

こんな感じで桜の葉も一緒に蒸し焼きされました。

桜の葉も食べられるので是非一緒にカットしてくださいね。

今回は海老も帆立も柔らかいのでフードプロセッサーを使わずハンディブレンダーで攪拌したので洗い物も少なく超楽チンでした。
焼く時間を入れなければテリーヌの生地作りはほんの10分程度で出来ちゃいます。
生地の分量って結構テキトーで平気だし(←私の性格バレバレ)一度作るとその簡単さに驚かされるはずですよ。

この時期オススメテリーヌです。

 使っているのはBOSCHのコードレスハンディブレンダーです。
コードレス! 連続使用20分可!
氷も砕けるパワーものだからチョッとした時にはフープロ出すよりずっと便利です
ハンディブレンダーどれにしようか悩んでる方にはこちらオススメします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

みち
2012年04月30日 21:28
色も春っぽいしなんといっても美味しそう~今度真似させて下さい!
BB
2012年05月01日 07:21
みちさん

今年はちょっと時期過ぎてしまいますね。
来年にでもぜひぜひまた同じorミチさん風にアレンジしてでも作ってみてください。
すごくいい香りのするテリーヌですよ

この記事へのトラックバック