簡単美味しいワインパーティーレシピ :マンゴー リモーネ和え

画像南アフリカワインパーティーで南アフリカワインに合わせるために作ったお料理です。

こちらデザートではなく、完全にワインのおつまみになるマンゴーなので不思議

私、お酒呑んだ後にデザートで果物食べたいなぁと自分から思うことはまずなく(出されれば喜んで食べちゃうんですが)めったに夜の食卓に果物が乗ることはないのです。

でも!
こちらはほんとに食事中のお口直しとしてでも食べたいマンゴー。
マンゴーは生ハムとの相性も抜群ですが、生ハムなくとも前菜になってしまいます。

ナンプラーを使うのですが、不思議とナンプラーの独特の味は消え、ナンプラーのもつ“コク+塩気”がマンゴーに深みを与えてくれるのです。

これは目からウロコのナンプラー使いでしたよ。

もともとはsawa'sTABLEさんのレシピでソーセージ総会の時に感動したもの。
レシピ教えて頂いたのでこちらでご紹介させていただきますね。

【材料】
* マンゴー
* ナンプラー
* リモーネ(レモンオリーブオイル) 無い時は美味しいオリーブオイル
* レモン
* パクチー (お好みで)

 
レモンオリーブオイルは多種売っておりますが、一般家庭に常備おいている確率はまだ少ないと思います。
人工的なフレーバーを付けたものでなく、本物のレモンで作っているのでとても美味しいもの。
メーカーによって色々爽やかさも違うのも面白いのです。
色々な使い方はこちら金田油店さんにお任せ

画像


【作り方】
① マンゴーを食べやすい大きさにカット。
一口サイズよりちょっと多き目の方がオススメです。

② あくまで目安ですが、
ナンプラー:オリーブオイル:レモン果汁 =0.5~1:1:1 
又は ナンプラー:リモーネ:レモン果汁 = 0.5~1:1:0.5
のドレッシングと①を敢えて冷蔵庫で冷やします。

ポイントは冷蔵庫でしっかり冷やす事。
冷えるまで置くと味も染み、レモンの酸味も落ち着き、作りたてより旨味が増します。

今回マンゴー550g(皮・種の重さ込み)で “大さじ”のサイズで1:1:1の様にして作りました。

マンゴーの熟成具合、好みの酸味具合、ナンプラーのメーカーごとの塩分の違いもありますのでこのバランスは変えてみてくださいね。

これから泡や白ワインの美味しい夏本番のおもてなしにオススメのパーティーMENUですよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック