Thanksgiving Day後のBB家のもう1つのお楽しみ♪  絶品“ターキーラーメン”ナイト♪

画像先日の『Thanksgiving Day: 悶絶ターキーパーティー 感謝祭@ChiliALOHA食堂2012 』

贅沢にも遠慮もせず頂いてしまったターキーのお骨

去年に引き続き
こちらから抽出したスープでBB家でもターキーラーメン作ってしまいました。

ターキー自体が大きいので濃厚スープがたっぷり取れましたよ

骨にまだ少し付いていたお肉も丁寧に取り、でもスープの出汁にもしたいので取りすぎないようにして
お水のみを入れ、圧力3回程かけて“隋の髄”まで煮出したスープ
画像


キジ科の綺麗なゴールドカラー
画像



骨とお水以外何もいれないで煮出したこの状態でもお腹に詰っていたものや、弱冠のお肉等から出る味で塩も何もいれずとも身体が喜ぶスープの出来上がりです

さてこちらを使ったターキーラーメンナイトの始まりです!

普通ならラーメンが夕食になる時は数少ない“禁酒”の日というのが多いのですが、BB家ではつけ麺やスープがラーメンに染みこんで延びた状態でも美味しいスープのラーメンが出来た時はチビチビと頂けるこちらがお酒の“ツマミ”に変身

今回の麺は今流行りの『マルちゃん正麺』の醤油味の麺のみを使ってみました。
(マルちゃん正麺食べてみたかったんです♪
スープ種類ごと麺のタイプが違うらしいですよね)
画像
(画像はHPよりお借りしました)

具は骨についていたお肉とネギ少々のみ
そして後乗せほうれん草。
このほうれん草にスープが染みるとこれまた。。。おいひぃ~

ラーメン屋さんって玉葱ect野菜色々いれて拘りスープを取ってるのでしょうが、こちらは何も入れずともものすっごーく深みのある何とも言えない極上スープなのです。

麺に染みこんで最後までバランスよく麺と共に飲めるようスープの量は程ほどに

でもね
味付けは塩のみなのですが、この塩は黒トリュフ塩。
刻んだ黒トリュフが入ってるのです。
この瓶の蓋を開けるとフレッシュなトリュフかと思うほど芳醇なトリュフの香りが漂います。
画像

参考までに トリュフ塩色々なメーカーのが日本で手に入ります。 こちらはイタリアConti社もの
トスカーナの黒トリュフと海塩 50gで1500円位でした。

朝倉で飲む鶏スープにはやっぱりこの塩を入れようと思わないのが不思議
やっぱりターキーって“洋モノ”なのかなぁ

とにかくこのトリュフの香りとスープとの相性が抜群!

なのでこのラーメンを食べてると。。。日本酒等和のお酒ではなく、ワイン!
特にシャンパーニュが呑みたくなってくるんです
ブ━.;:;:(゚ε;:(´゚;:.3.;:゚`);:з゚);:;:.━ッ!!

キケン!キケンすぎるっ 

箸休めサラダはブロッコリーとスタッフィングを絡めて、そしてお肉も乗せて、そしてこれまた黒トリュフ塩で味付けしキケンなサラダ
画像


チリアロハ感謝祭参加されていたゲストたくさんいらしたのに。。。ごめんなさい。
更に連夜楽しんでしまいました
そしてまだもう一杯づつ位のスープがあったりもしちゃいます

でもターキーさんを最後の最後まで無駄なく感謝しながら頂く事が出来ました

ミチさんありがとう
ごちそうさまでした



こんなに美味しいラーメンがいただけてしまうこの贅沢さ 

この後、3年連続!今年もクリスマス用に『石黒農場ホロホロ鳥』を注文しているので、またその骨でホロホロスープラーメンも作れてしまう( ´艸`)ムププ
益々化学調味料たっぷりのラーメンやには行きたくなくなってしまうBBなのでした

ホロホロ鳥 2010


ホロホロ鳥ラーメン 2010 

"Thanksgiving Day後のBB家のもう1つのお楽しみ♪  絶品“ターキーラーメン”ナイト♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント